政策ビジョン

山口県の未来のために。
幸せに働き、暮らし、住み続けたいと思える県を

ともに創りたい。

2017年に故郷山口県に戻った私は、日本の大問題、人口減少・少子化問題の解決策を懸命に訴えてまいりました。

 

山口県も企業誘致や雇用、県内移住者の増加のための施策、子育て支援策を実施し、一定の成果は上げていますが、人口減少率は全国上位、進学・就職による若者の県外転出は歯止めがかかりません。
 

人が減れば経済は縮小し、社会保障の維持も難しくなります。これは高齢者を含む全世代の問題なのです。

まずは、県外転出に歯止めをかけるために住み続けたいと思える県に、幸せに働き、暮らせる県にすることが重要です。そのうえで、少子化に歯止めをかけるために安心して出産・子育て・教育ができる環境を整える。

 

幸いにも山口県には、競争力の高い企業やものづくりの技術、豊かな自然や歴史文化など資源が豊富にあります。
それらを活かして、誰もが住み続けたいと思える山口県にしようではありませんか。

あなたの声に耳を傾け、一所懸命に汗をかき、山口県の未来をともに創ってまいります。

2019参院選写真.jpg

​<大内一也4つの約束>

約束1 雇用を生み出す産業力の強化

・水素をはじめとする燃料開発など新事業の創出支援
・電力の低価格&安定供給に向けたインフラの支援
・中小企業の後継者不足解消と事業承継支援
・ICT等を活用した稼げる一次産業の推進
・地域資源を活かした商品やサービスの開発・販売強化

約束3 子育てと県内進学支援の充実

・育休取得を支援する奨励金の支給
・0~2歳児の保育料減免制度の確立
・県独自の県内大学進学支援制度の確立
・企業連携による県内大学のレベル向上

約束2 労働環境の整備・改善

・流通・サービス、窓口業務などで安心して働くためカスタマーハラスメントの対策強化
・介護、保育など福祉分野で安定して働き続けられる待遇の改善と実現
・若者が働きやすい雇用環境の整備

約束4 住まいと暮らしの安心確保

・空き家を活用した移住と転居者の住居確保
・高齢者の見守りサポートの強化

大内一也_4コマ漫画イラスト.jpg
大内一也_4コマ漫画イラスト.jpg
大内一也_4コマ漫画イラスト.jpg